スタバのイタリアンローストはICE&ミルクで飲むのがオススメ【レビュー】

コーヒー

どもどもスタバマン(@sutablog)です!

スタバのコーヒーがとにかく大好きです。

 

スタバのコーヒー豆は全種類制覇しています。

 

筆者
筆者

スタバの深煎りコーヒー豆を紹介します!

 

今回はオススメの『イタリアンロースト』を紹介します!

 

スタバのコーヒー豆『イタリアンロースト』についてフォーカスを当てていきます。

 

  • 当記事の内容

✔『イタリアンロースト』のプロフィール紹介

 

✔イタリアンローストをプレスで飲んでみた感想【レビュー】

 

上記を深堀していきます。

 

イタリアンローストのプロフィール紹介

出典:スターバックスコーヒージャパン

 

  • 価格/内容量
内容量 価格
1袋(250g) 1140円

 

  • コーヒー豆の特徴
生産地 ラテンアメリカ
加工方法 水洗式
酸味 LOW
コク MEDIUM
相性の良いフレーバー ダークチョコレート、カラメル

 

  • コーヒー豆の魅力

カラメルを感じさせるリッチで深みのある力強い風味のコーヒー

カラメルを感じさせるリッチで深みのある力強い風味が特徴。

 

甘みと力強さが際立つ、スターバックスを代表するダークローストコーヒーです。

 

コーヒー豆『イタリアンロースト』のプロフィールはザックリ上記の通りです。

 

【レビュー】スタバのイタリアンローストを味わう

コチラがスタバのコーヒー豆『イタリアンロースト』です!

 

ではプレスサービスでイタリアンローストを飲んでいきます。

 

プレスサービスについて詳しくまとめた記事は下記より

>>スタバの『プレスサービス』って一体何?

 

筆者が実際に飲んで感じた魅力は下記3つです。

 

  1. コクは全体的に強くしっかり残る
  2. 酸味を感じず飲みやすいコーヒー豆
  3. キャラメルビターな甘さを感じられる

 

1つずつ紐どいていきます。

 

①コクは全体的に強くしっかり残る

イタリアンロースト最大の特徴です。

舌の上にコーヒー豆の苦さや後味が強く残ります。

 

舌の上にどっしりと強く残るコクが魅力です。

 

とはいえスタバの公式HP上では下記のように表記されていました。

 

✔コク⇒MEDIUM

 

コクは普通ということになっています。

しかし個人的にはかなりコクが強いように感じます。

 

コーヒー独特の苦さや、舌の上に風味が強く残るのが苦手な人にはオススメしません!

 

②酸味を感じず飲みやすいコーヒー豆

イタリアンローストはスタバの公式HP上では下記のように表記されています。

 

✔酸味⇒LOW

 

①の魅力とは違って、酸味はほとんど感じられません。

舌がキュッと引き締まるような感覚はかなり弱いです。

 

コーヒー豆の重厚感を強く感じるだけで、酸味は0に等しいです。

 

③キャラメルビターな甘さを感じられる

ハイ。すいません。

コーヒー通みたいなことを語っています。

 

とはいえカラメルのビターな甘さといったイメージです。

後味にほんのり感じるカラメルビターな甘さがオススメです!

 

相性の良いフードに『カラメル』と表記されるのが何となく分かります。

 

まとめ

イタリアンローストはアイス&ミルクで飲むのがオススメ!

イタリアンローストについてザックリまとめると下記の通りです。

 

  • コクが強く舌の上にドッシリ残る
  • アイスで飲む方がGOOD
  • ドッシリとしたコクがあるのでミルクで割るのがオススメ

 

ところでフェアトレードイタリアンローストの『フェアトレード』とは何なのか?

 

フェアトレード=公正な取り引きをした商品

 

言い換えると、イタリアンローストはコーヒー豆の原産地と公正な取り引きを行っていると証明されている豆なんです。

 

スタバのコーヒー豆の中で唯一のフェアトレード商品です。

実はこういった背景もあったんですね。

 

今ではスティックタイプで手軽に作れるインスタントタイプのモノもあります!

 

スターバックス スタバ ヴィア コーヒーエッセンス イタリアン ロースト スティックタイプ(2.1g×12本) VIA

 

というわけで以上になります。

では皆さん良きスタバライフをお過ごしください(*’▽’)

 

>>新作コーヒー豆『ミナスジェライス』とは?

 

>>スタバの『コーヒーパスポート』って一体何?【実物アリ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました