スタバで最も飲みやすいコーヒー豆『ウィローブレンド』はお茶の味がする?

コーヒー

どもどもスタバマン(@sutablog)です!

 

スタバのコーヒー豆を全制覇&年間300回以上スタバに通うオタクです。

 

スタバのコーヒーは苦くて、濃い味わいのモノが多いです。

 

悩む女性
悩む女性

スタバのコーヒー豆の中で、苦すぎずあっさりしているコーヒー豆は無いのかな・・

 

コーヒーの苦みや舌の上に残るコクが苦手な人もいますよね?

 

スタバのコーヒー豆の中で、あっさりした”お茶”のような味わいの『ウィローブレンド』にスポットライトを当てていきます!

 

  • 当記事の内容

✔ウィローブレンドの基本情報

 

✔ウィローブレンドのレビュー

 

上記を深堀していきます。

コーヒーが苦手な人も飲めちゃうコーヒー豆です。

 

ウィローブレンドの基本情報【コーヒー豆】

スターバックスコーヒー豆のウィローブレンド

出典:スターバックスコーヒージャパン

 

  • 価格/内容量
内容量 価格
100g 420円(税抜き)
250g 1050円(税抜き)

 

  • 焙煎/生産地/風味/フード
焙煎 BLONDE(浅煎り)
生産地 マルチリージョン
酸味 HIGH
コク LIGHT
フード相性 レモン・オレンジ

 

  • 販売店舗/販売期間

販売店舗:全国のスターバックス店舗

販売期間:通年販売中

 

  • コーヒー豆の特徴

鮮やかで、複雑、深みのある風味とさわやかな後味が特徴

 

鮮やかな酸味と、わずかに感じられるシトラス感や深みが複雑ながらも美しく響き合う、さわやかで優雅なコーヒーです。

 

ウィローブレンドの基本情報はザックリ上記の通りです。

 

【感想】ウィローブレンドをプレスサービスで味わう

コチラが”ウィローブレンド”です!

スターバックスコーヒー×プレスサービス×ウィローブレンド

コーヒー豆を100%ダイレクトに味わうため、プレスサービスで飲んでいきます。

 

  • プレスサービスって一体どんなサービス?

 

上記を参考にしていただければ幸いです。

 

実際にプレスサービスを飲んだ感想は下記4つ

 

  1. あっさりした味わい
  2. コーヒーの苦みやコクは0に近い
  3. 時間が経つと酸味を感じる
  4. お茶?栗?みたいな味わい

 

1つずつ紐どいていきます。

 

①あっさりした味わい

ウィローブレンド最大の魅力は『あっさりした味わい』

 

口当たりはコーヒーというよりは、お茶や紅茶に近いです。

さわやかで、軽く、あっさりした味わいはコーヒーが苦手な人でも飲める味わいです!

 

②コーヒーの苦みやコクは0に近い

ウィローブレンドはコーヒー独特の苦みやコクを感じません。

ぶっちゃけ0に近い状態です。

 

浅煎りコーヒーということもあってか、非常に飲みやすいです。

 

③時間が経つと酸味を感じる

ウィローブレンドは、ほんのりとした酸味が特徴的です。

 

飲み始め5分以内はあっさりした味わい

5分以上経過すると、舌がキュッとしまる爽やかな酸味が現れます。

 

とはいえ、癖のない酸味で割と飲み進められます!

 

④お茶?栗?みたいな味わい

ウィローブレンドはコーヒーというより”お茶”みたいな飲みやすさです。

 

味わいは少し”栗”のような風味や香りも感じます

 

コーヒー豆ではなく、お茶のようなテイストはどこか複雑で面白い味わいです!

 

まとめ

まるでお茶?あっさりとした飲みやすさが最大の魅力!

ウィローブレンド250g

ウィローブレンドは、あっさりとした味わい、さわやかな酸味、お茶のような味わいが大きな魅力です!

 

コーヒー豆の『舌に残るコク、独特の苦み』が苦手という人にオススメです!

 

ウィローブレンドについてまとめると下記の通り

酸味:3.7

苦み:0.5

コク:1.0

飲みやすさ:4.5

 

言い換えると・・

飲みやすいお茶みたいな味わいのコーヒー豆

 

柑橘類のフードと相性が良いのでペアリングもオススメです!

 

というわけで以上になります。

では皆さん良きスタバライフをお過ごしください(*’▽’)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました