スタバのコーヒーパスポートの書き方やシールの貰い方を徹底解説【タダ】

コーヒー
スポンサーリンク

どもどもスタバマン(@sutablog)です!

スタバのコーヒーを愛してやまない1人です。

 

スタバ×コーヒーパスポート

スタバには「コーヒーパスポート」というモノが存在します。

 

悩む女性
悩む女性

「コーヒーパスポート」って一体何なの?

 

常連さんしかもらえないパスポートなの?

 

もしかして有料だったりして・・

 

  • 当記事の内容

コーヒーパスポートとは?

 

コーヒーパスポートの入手方法【無料】

 

コーヒーパスポートの使い方


・コーヒーパスポートにおける2つのポイント

 

あまり知られていない「コーヒーパスポート」にフォーカスを当てていきます。

スタバのコーヒーが好きな人は必見です。

 

スタバには『コーヒーパスポート』というモノが存在する

スタバ×コーヒーパスポート

スタバのコーヒーパスポートを一言で表すと・・

『スタバコーヒー豆のメモ』

 

  • コーヒーパスポートって?

・スタバ独自のテイスティング方法

 

・コーヒーの焙煎や調達

 

・スタバのコーヒー豆を飲んだ感想を記入

 

スタバのコーヒー豆図鑑といったイメージです。

言い換えるなら”ポケモン図鑑のコーヒー版”

 

ザックリ上記のイメージでOKです!

 

スタバのコーヒーパスポートは無料でもらえる【0円】

明るい電球

スタバのコーヒーパスポートは0円でもらえます。

入手方法は超・簡単です。

 

  • スタバ店員に「コーヒーパスポートを下さい」と伝える

 

ハイ、これだけです。スーパー簡単です。

後は店員から受け取るだけです。

 

繰り返しコーヒーパスポートの入手方法をまとめると下記の通り

【コーヒーパスポート入手方法】

✔レジの店員に「コーヒーパスポート下さい」と伝える

✔コーヒーパスポートは0円で入手できる

 

スタバのコーヒーを良く飲むならもらって損はないです。

 

パスポートにはスタバのコーヒー豆の感想を書く【使い方】

ノートとペン

コーヒーパスポートの使い方は、スタバのコーヒー豆の感想を書く。

たったこれだけです。

 

少しイメージしづらいので実例を紹介します。

上記は筆者のコーヒーパスポートの1ページ

 

コーヒー豆の銘柄スタンプ

・コーヒーを飲んでみた感想

 

その日飲んだコーヒー豆の感想を右ページに記入するだけ。

日記みたいなイメージです。

 

風味、苦み、酸味、コクや香りなど自身が感じたコトを自由に書けばOKです。

 

コーヒーパスポート完成に向けておさえるべき2つのポイント

コーヒーパスポート完成に向けて、押さえておきたい2つのポイントを紹介します。

大きく下記2つになります。

 

  1. コーヒーメニューの注文
  2. スタンプシールの入手方法

 

1つずつ紐どいていきます。

 

①コーヒーメニューの注文

『プレスサービス』を注文するのがオススメです。

コチラがプレスサービスです。

 

プレスサービスの魅力は2つ

 

✔コーヒー豆の種類を選べる

✔コーヒー豆をダイレクトに味わえる

 

コーヒー豆の種類をピンポイントで選べます。

また、普通のドリップコーヒーに比べてダイレクトな味わいを感じます。

 

パスポートを完成させるには注文はコーヒープレス一択です!

 

\ プレスサービスについては下記をクリック /

 

②スタンプシールの入手方法

写真のスタンプシールの入手方法は?

スタバ店員に「スタンプシールを下さい」と伝えるだけです。

 

プレスサービスで選んだコーヒー豆のスタンプシールをGETすることができます。

(プレスサービス以外でももらえます)

 

あとはパスポートにペタッと貼るだけです。

 

2つのポイントまとめると・・

①注文するメニューは「プレスサービス」

②スタンプシールは注文と同時に店員にもらう

 

2つのポイントをおさえて、パスポートを完成させましょう!

 

まとめ

スタバのコーヒーパスポートをGETしてコーヒーの旅を楽しもう!

スタバのコーヒーパスポートは誰でもGETできます。

しかも0円でGETできます。

 

コーヒー好きはもらって損なしです!

自分だけのコーヒーパスポートを完成させましょう。

 

コーヒーパスポートについてまとめると・・

・0円でもらえる

・スタバのコーヒー豆の感想を書く手帳

・コーヒープレスで注文するのが吉

 

というわけで以上になります。

では皆さん良きスタバライフをお過ごしください(*’▽’)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました