スタバはコーヒー豆を13段階で挽いてくれるサービスがある【0円】

スタバはコーヒー豆を13段階で挽いてくれるサービスがある【0円】コーヒー知識・お得情報
悩む女性
悩む女性

スタバのコーヒー豆を購入したいんだけど、豆の状態でしか購入できないのかな?

 

購入した豆は挽いてくれたりするのかな?

豆の挽き具合とか分からないし、お金かかったりするのかな?

上記の疑問を解決していきます。

 

本記事では、スタバでコーヒー豆を挽いてくれるサービスと、豆の挽き具合について紹介します。

スタバでコーヒー豆を購入したいと考えている人は必見です。

 

本記事の内容

・スタバはコーヒー豆を無料で挽いてくれる話

・スタバでコーヒー豆を挽いてもらう方法

・コーヒー豆の挽き具合

・自宅で使えるおすすめのグラインダー一覧

 

記事を書いた人


元スタバ店員で約2年半スタバで働いていました。

現在は月間30万PV以上のスタバ特化サイトを運営しています。
Twitter>>スタバマン(@sutablog

筆者
筆者

では早速本題に移っていきます!

 

 \合わせてCHECK/

 

スタバで購入したコーヒー豆は挽いてもらえるの?お金はかかる?【無料】

スタバで購入したコーヒー豆は挽いてもらえるの?お金はかかる?【無料】】

  1. スタバでコーヒー豆は挽いてくれる?
  2. コーヒー豆を挽くのにお金はかかる?
  3. 対象のコーヒー豆は?

順に見ていきます。

 

①:スタバでコーヒー豆は挽いてくれるのか?

スタバでは購入したコーヒー豆をその場で挽いてもらえます。

大きな専用のグラインダー(豆挽き機)で数分で挽いてくれます。

 

 グラインダーの有無

 自宅に無い人:スタバの店舗で挽いてもらうのがオススメ

 

 自宅に有る人:豆のままで購入もできる

自宅に挽く機械がある人は、豆の状態のままでも貰えます。

 

②:コーヒー豆を挽くのにお金はかかる?

コーヒー豆は無料(0円)で挽いてもらえます。

全国どの店舗でも無料になります。

 

むしろ業務用のグラインダーを、無料で使用できるのでかなりお得なサービスです。

 

③:対象のコーヒー豆は?

 対象コーヒー豆

・ライトノートブレンド

・ウィローブレンド

・ブレックファストブレンド

・ケニア

・ハウスブレンド

・ディカフェハウスブレンド

・パイクプレイスロースト

・エチオピア

・コロンビア

・TOKYOロースト

・スマトラ

・コモドドラゴン

・カフェベロナ

・エスプレッソロースト

・イタリアンロースト

・フレンチロースト

・シーズナルコーヒー豆(季節限定)

・リザーブ限定コーヒー豆

対象のコーヒー豆は上記の通りです(※全種類の豆が対象)

 

スタバで発売している定番コーヒー豆の値段・味については下記でまとめています。

 

スタバでコーヒー豆を挽いてもらう方法【簡単】

スタバでコーヒー豆を挽いてもらう方法【簡単】

スタバでコーヒー豆を挽いてもらう方法は下記の通り。

  1. スタバのコーヒー豆を購入
  2. 挽き具合を店員に伝える
  3. コーヒー豆を受け取る

順に見ていきます。

 

①:スタバのコーヒー豆を購入

全国のスターバックス店舗でコーヒー豆を購入します。

豆の味・種類について分からなければ、店員さんに相談するのがオススメです。

 

 詳しくない人におすすめの豆

スタバの豆について詳しくない人にオススメの豆は上記の通り。

 

筆者
筆者

上記のコーヒー豆は、酸味・苦み・コク・渋みのバランスが全体的に取れているのでオススメです。

 

②:挽き具合を店員に伝える

間違いなく「コーヒー豆は挽きますか?」と聞かれるので挽き具合を伝えます。

 

悩む女性
悩む女性

う~ん、でも挽き具合がどれくらいか分からないし難しいな・・

 

 抽出器具を伝えるだけでOK

自宅で使う抽出器具を伝えれば、店員さんがコーヒー豆をベストな挽き具合に挽いてくれます。

 

例:コーヒープレス、ペーパーフィルターなど

※挽き具合は細挽き~荒挽きまで13段階あります(下記で後述)

 

③:コーヒー豆を受け取る

挽き具合を伝え、コーヒー豆の会計を済ませます。

2~3分待つと挽いた状態のコーヒー豆を届けてくれます。

 

筆者
筆者

挽いてもらったコーヒー豆を受け取ればOKです!

 

スタバのコーヒー豆の挽き具合を徹底解説

スタバのコーヒー豆の挽き具合を徹底解説します

スタバには13段階コーヒー豆の挽き具合があります。

  1. 超極細挽き(1~2)
  2. 極細挽き(3~5)
  3. 細挽き(6~7)
  4. 中細挽き(8~9)
  5. 中挽き(10)
  6. 粗挽き(13)

抽出器具と合わせて見ていきます。

 

①:超極細挽き(ターキッシュ)

「1・2」はトルコ式コーヒーのターキッシュ向けの挽き具合

ほとんどの人は使わない抽出器具だと思います。

 

②:極細挽き(エスプレッソマシン)

「3~5」はエスプレッソマシン向けの挽き具合。

個人カフェでエスプレッソマシンを所有している人くらいです。

 

③:細挽き(ペーパーフィルター)

「6~7」はペーパーフィルター向けの挽き具合。

ペーパーフィルター用に挽いてもらうなら「7番」が最もオススメになります。

 

7番がスタバで最も多くリクエストされている挽き具合です。

自宅でハンドドリップを楽しみたい人向けです。

 

④:中細挽き(セラミックドリッパー・サイフォン)

 セラミックドリッパー

ペーパーを通じない金属製のフィルター。

 

 サイフォン

アルコールランプで沸騰させた湯で抽出する器具。

 

「8~9」はセラミックドリッパー・サイフォン向けの挽き具合。

自宅に多くのコーヒー器具を持つコーヒーマニア向けになります。

 

⑤:中挽き(ドリップコーヒー)

「10」はドリップコーヒー向けの挽き具合。

主にスタバのドリップコーヒーの抽出で使用される挽き具合です。

 

ハンドドリップなどでも使用できる万能な挽き具合です。

 

⑥:粗挽き(コーヒープレス)

「13」はコーヒープレス向けの挽き具合。

自宅にコーヒープレスを持っている人向けになります。

 

コーヒーの味わいをダイレクトに感じるプレスコーヒーが好きな人は、13番を注文するのがベストです。

 

 \合わせてCHECK/

 

スタバで発売しているグラインダーを紹介

スタバで発売されている豆を挽く機械(グラインダー)は下記の通り。

  1. ラッセルホブスコーヒーグラインダー
  2. デロンギコーン式コーヒーグラインダー
  3. デロンギコーン式コーヒーグラインダーKG366J

順に見ていきます。

 

①:ラッセルホブスコーヒーグラインダー


ラッセルホブスコーヒーグラインダー
価格5,000円
サイズ12.5×12.5×21.5cm
魅力・ムラの少ない挽き具合

・挽き具合は運転時間で調整

・指1本スイッチを押すだけの簡単操作

 

 購入方法

 

②:デロンギコーン式コーヒーグラインダー


デロンギコーン式コーヒーグラインダー
価格14,100円
サイズ13.5×19.5×27.5cm
魅力・コーヒー豆本来の風味を保てる

・細挽きの抽出器具にぴったり

・簡単に使えて手入れも簡単

 

 購入方法

 

③:デロンギコーン式コーヒーグラインダーKG366J


デロンギコーン式コーヒーグラインダーKG366J
価格14,880円
サイズ13.5×19.5×29.0cm
魅力・アロマや風味を壊さない

・挽き具合も分量も自在に選べる

・310gの豆が入る大容量

 

 購入方法

 

 デロンギをチェック

 

コーヒー抽出器具・グラインダーなど多数取り扱い、スターバックスとも提携している老舗ブランドです。

 

まとめ

スタバは購入したコーヒー豆を抽出器具に合わせて0円で挽いてもらえる

スタバのコーヒー豆の抽出器具・挽き具合についてまとめると下記の通り。

 

 抽出器具・挽き具合

番号抽出方法挽き具合
1~2ターキッシュ超極細挽き
3~4デロンギ

エスプレッソマシン

極細挽き
5~7ソロフィルター細挽き
8~9サイフォン

グラスドリッパー

セラミックドリッパー

中細挽き
10平底ペーパーフィルター中挽き
11~13コーヒープレス粗挽き

 

コーヒー豆の挽き具合について分からないことがあれば、店員さんに聞くのがベストです。

抽出器具に合わせて、親身に寄り添って教えてもらえます。

 

 \おすすめ記事/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました