スタバはコーヒー豆を13段階で挽いてくれるサービスがある【0円】

スタバはコーヒー豆を13段階で挽いてくれるサービスがある【0円】コーヒー知識・お得情報
悩む女性
悩む女性

・スタバはコーヒー豆を無料で挽いてくれるの?

 

・抽出法に合ったコーヒー豆の挽き具合は?

上記の疑問を解決していきます。

 

本記事では、スタバでコーヒー豆を挽いてくれるサービスと、挽き具合について紹介します。

スタバのコーヒー豆を購入する人は必見です。

本記事の内容

・スタバはコーヒー豆を無料で挽いてくれる

・スタバでコーヒー豆を挽いてもらう方法

・コーヒー豆の挽き具合

・スタバのオススメグラインダー(挽く機械)

 

記事の信頼性

本記事を書いてる僕はスタバで約2年半働いていた元店員です。

スタバで発売しているコーヒー豆を全制覇しています。

スタバでコーヒー豆を挽いてもらうサービスを何度も利用しています。

 

スタバにはコーヒー豆を無料で挽くサービスがある【0円】

スタバにはコーヒー豆を無料で挽くサービスがある【0円】

スタバはコーヒー豆を無料(0円)で挽いてくれます。

コーヒー好きにはたまらなく嬉しいサービスです。

 

スタバで当日購入したコーヒー豆はもちろん、スターバックスで以前購入した豆も挽いてもらえます。

 

悩む女性
悩む女性

スタバのどのコーヒー豆が無料で挽いてもらえるの?

結論、スタバのコーヒー豆全種類が挽いてもらえます。

 

・ライトノートブレンド

・ウィローブレンド

・ブレックファストブレンド

・ケニア

・ハウスブレンド

・ディカフェハウスブレンド

・パイクプレイスロースト

・エチオピア

・コロンビア

・TOKYOロースト

・スマトラ

・コモドドラゴン

・カフェベロナ

・エスプレッソロースト

・イタリアンロースト

・フレンチロースト

・シーズナルコーヒー豆(季節限定)

・リザーブ限定コーヒー豆

挽いてもらえるコーヒー豆一覧は上記の通りです。

 

上記のスタバコーヒー豆を知りたい方は»スタバの定番コーヒー全種類の値段や味は?2020年オススメの豆も紹介をチェックしてみてください。

 

スタバでコーヒー豆を挽いてもらう方法を教えます【簡単】

スタバでコーヒー豆を挽いてもらう方法を教えます【簡単】

続いてスタバでコーヒー豆を挽いてもらう方法を解説します。

方法は、購入/持参したコーヒー豆をスタバ店員に渡して挽いてもらうだけです。

 

筆者
筆者

具体的な流れを下記で解説します。

 

【STEP①】スタバのコーヒー豆を購入

挽くためのコーヒー豆が必要になります。

まずは、スタバ店舗でコーヒー豆を購入します。

 

※持参したスタバのコーヒー豆でもOK

 

【STEP②】コーヒー豆の挽き具合を店員に伝える

コーヒー豆の挽き具合を店員に伝え、抽出方法に合った挽き具合で挽いてもらいます。

分からなければ店員に相談してみるのがベストです。

 

グラム(g)ごとにも挽いてもらえます(例:100gだけ挽いてもらう)

 

【STEP③】コーヒー豆を受け取る

1~2分でコーヒー豆の挽きは完了します。

あとは、コーヒー豆を受け取るだけになります。

 

筆者
筆者

『コーヒー豆を購入⇒店員に渡して挽き具合を伝える⇒挽いてもらう⇒コーヒー豆を受け取る』といった流れです。

 

スタバのコーヒー豆の挽き具合を徹底解説します

スタバのコーヒー豆の挽き具合を徹底解説します

スタバはコーヒー豆の挽き具合が13段階あります。

各段階における抽出方法について解説します。

 

筆者
筆者

普段、アナタが利用するコーヒー器具に合わせて挽いてもらうようにしましょう!

 

  • 抽出方法と段階
抽出方法と段階
番号抽出方法挽きレベル
1~2ターキッシュ超・超・極細挽き
3~4デロンギ

エスプレッソマシン

極細挽き
5~7ソロフィルター細挽き
8~9サイフォン

グラスドリッパー

セラミックドリッパー

中細挽き
10平底ペーパーフィルター中挽き
13プレスコーヒー粗挽き

順に解説します。

 

【1~2】ターキッシュ(超極細挽き)

1~2はトルコ式コーヒーのターキッシュに最適な挽き具合です。

ぶっちゃけ日常では飲まないレベルなので流し読み程度でOKです。

 

超細かいコーヒー豆が挽けるといった具合です。

 

【3~4】エスプレッソマシン(極細挽き)

3~4はエスプレッソマシンに最適な挽き具合です。

自宅にエスプレッソマシンを所有している人、業務で使用する人が対象です。

 

3~4の挽き具合も日常生活ではあまり使用しないです。

 

【5~7】ペーパーフィルター(細挽き)

5~7はペーパーフィルターに最適な挽き具合です。

ハンドドリップを自宅で行う人などが対象です。

 

とはいえ5~7と挽き具合の幅が広いです。

スタバでは『7番』で挽いてもらうのがオススメです。

 

【8~9】セラミックドリッパー、サイフォン(中細挽き)

8~9はセラミックドリッパー、サイフォンに最適な挽き具合です。

かなりのコーヒーマニア向けです。

 

【10】ドリップコーヒー(中挽き)

10はドリップコーヒーに最適な挽き具合です。

スタバのドリップコーヒーも10番で挽かれています。

 

ハンドドリップなどでも使用できる挽き具合です。

10は万能な挽き具合になります。

 

【13】コーヒープレス(粗挽き)

13はコーヒープレスに最適な挽き具合です。

プレス器具を持っている人、コーヒーをダイレクトに感じたい人にオススメです。

 

スタバのコーヒープレスについては、»スタバの「コーヒープレス」って何?おかわりやデカフェ注文はできる?で解説しています。

 

 

スタバで発売しているグラインダーを紹介します

スタバで使用しているグラインダーを紹介します

スタバでコーヒー豆を挽くときは13段階の挽き具合があります。

豊富な挽き具合を実現しているのが下記のグラインダーです。

筆者
筆者

業務用とはいえ、お値段は100万円に近い価格です!

 

かなり高い値段になるので、購入できる人は少ないです。

ということで、スターバックスで発売しているグラインダーを紹介します。

 

  • ラッセルホブスコーヒーグラインダー
価格3720円(Amazon参考)
サイズ12.5×12.5×21.5cm

・ムラが少ない仕上がりの挽き具合

・挽き具合は運転時間で調整可能

・指一本でスイッチを押すだけの簡単操作

 

  • デロンギコーン式コーヒーグラインダー
価格14400円(Amazon参考)
サイズ13.5×19.5×27.5cm

・コーヒー豆本来の風味を保てる

・細く挽くのにとても最適

・簡単に使えて、お手入れも簡単

 

スタバではデロンギの器具を多数取り扱っています。

コーヒー器具で気になるモノがある人はチェックしてみてください。

 

まとめ

スタバのコーヒー豆は無料で13段階に挽いてくれる!

スタバはコーヒー豆を無料で挽いてくれます。

抽出器具に合わせて13段階に調整してくれます。

 

「挽き具合が分からないよ・・」という人はスタバの店員さんに相談してみてください。

やさしく教えてくれると思います。

 

というわけで以上になります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました